原宿の母 タロット 占い

あの「原宿の母」にも悩み深い過去が。
そんな彼女を人気占い師へと変えた転機とは?

携帯・スマートフォンはこちらからどうぞ↓

タロットカード 待受け 画像




「原宿の母」ってどんな人?

「原宿の母」こと菅野鈴子先生は広島出身。
上京しデザイン専門学校に通うかたわら、おしゃべりが好きなこともあって始めたバスガイドのアルバイトで人気者に。

しかし、デザインを勉強した母ならではの通勤スタイルが理解されず、奇抜すぎるとクビになってしまいます。

その後も、パントマイムの振り付け師、結婚式場の巫女、風呂屋の番台、田植えのアルバイトなど、さまざまな仕事をするものの、不運も重なり、長く続けることができませんでした。

失意の中、全速力の自転車にぶつけられたものの、傷ひとつ負わなかった、という不思議な体験をします。

実は、同じような経験を小学生の頃にもしていたのです。

そこで運命を感じ、占いの道へ。

原宿の路地裏で辻占いを始めると、悩める10代の少女たちの支持を集めるようになり、いつしか「原宿の母」と呼ばれ慕われるようになりました。

その一方、タロット、手相、占星術、数秘術、九星気学などを研究し、本当に信頼できる占い師の地位を確立していきました。

占い師としての確かな腕を持つだけでなく、厳しいことも言いながらも、暖かく、前向きなアドバイスと明るいキャラクターで、今もっとも当たる人気占い師のひとりといわれています。

ちなみに、手相芸人として人気の島田秀平氏は、菅野鈴子先生の弟子。
菅野鈴子先生はスクールも開催し、後進の指導にも力を注いでいます。


▼▼▼登録はこちらから▼▼▼

原宿の母タロットに登録する


⇒@「ケルト十字占法」をモバイルで実現
⇒A「母」の温かいアドバイス
⇒B占いメニューが豊富で大満足
⇒原宿の母タロット コンテンツ詳細TOP



Ads by Google



電話占いピュアリ


(C)原宿の母タロット コンテンツ詳細